ウォーターダンベルで二の腕痩せ!100均グッズでコスパも最高。特徴や使った人の口コミ

ウォーターダンベル持つ女性

 

ぷにぷに二の腕を真剣にトレーニングをして引き締めたい!

 

という方はダンベルのような適度な重さのものを持って負荷をかけるのが効果的です。

 

今回は本気のトレーニング向け&コスパも最高のウォーターダンベルについてご紹介します。

 

 

※2019年6月27日更新

100均でも買えるダンベル、ウォーターダンベルってどんなもの?女性の二の腕痩せにはピッタリ

100均のダイソー

 

ダンベルというと、スポーツ用品店とかホームセンターのトレーニンググッズ売り場などで売っているイメージですが、意外にも100円ショップでも売っているんです。

 

今や何でも揃っている100円ショップ、どういったダンベルかというと、ダンベルの形をした空の容器に水を入れて使う『ウォーターダンベル』です。

 

容器いっぱいに水を入れると1sぐらいの重さになります。

 

ウォーターダンベルのメリットを3つご紹介

置き場所に困らない

水を抜けば軽いので、誤って子供が触って怪我をした、なんてことはありません。

 

毎日使うトレーニンググッズを、手の届きやすい場所に置いておけます。

 

重さ調節が可能

重い方が筋肉に負荷が掛かるとはいえ、初心者がいきなり重いダンベルを持つと続かない場合が多いですよね。

 

本格的に鍛えるならまだしも、二の腕の引き締めたいだけなら少し重い程度で効果は出ます。

 

ウォーターダンベルは水の量を調節して、自分の持ちやすい重さにすることができます。

 

持ち運びに便利

容器だけなら軽いので、外出時に持っていくこともできます。

 

旅行先でも仕事場の休憩中でも、水を入れればどこでもトレーニングが可能です。

 

初心者の人、女性の二の腕痩せにおすすめ

ペットボトルでも代用できますが、同じ原理ならダンベルの形をしたウォーターダンベルの方が持ちやすいです。

 

何と言っても100円ショップで買えるので、両腕用に2個買っても痛い出費ではありませんよね。

 

ダンベルに慣れている人には物足りないかもしれませんが、コスパも非常に良いのでダンベル運動初心者の人や女性が二の腕痩せに使うのには手頃の重さでしょう。

ウォーターダンベルの使い心地は?口コミ紹介

 

 

二の腕痩せに前からダンベルを使ってみたかったのですが、子どもが小さいので怪我をしたら困ると思って買えませんでした。

 

でもウォーターダンベルなら、使わないときは水を抜けばいいので、安心して使えます。


 

 

壊れても燃えるゴミでポイっと捨てられるし、100均だから買い替えのコストもかからないのがいいですね。


 

 

ダンベルって棚の上だと落ちて来たら危なく置き場所に困りますが、ウォーターダンベルは空だと軽いので棚の上でも置いておけます。

 

水を入れて丁度いい重さにできるので、二の腕の筋トレにはもってこいです。


 

ウォーターダンベルは置き場所に困らず、そこそこ筋肉に負荷を与えることができる便利グッズだということが口コミからもわかりますね。

ウォーターダンベルで二の腕痩せするための効果的な使い方とは?

100均でも手に入るウォーターダンベルは、普段あまり運動し慣れていない女性が二の腕痩せトレーニングをするのに効果的なアイテム。

 

ここではウォーターダンベルが初めての方におすすめなトレーニング法を紹介しましょう。

 

腕の裏側(上腕三頭筋)を鍛える方法
  1. 片手でダンベルを持ち、頭の後ろ側の肩の所で構えます。
  2. 上に向かってゆっくりと腕を伸ばします。
  3. 手を変えて同じことを繰り返します。(左右30回ずつが目安です。)

 

腕の前面(上腕二頭筋)を鍛える方法
  1. 腕は下げた状態でダンベルを手に持ちます。
  2. 肩の位置までゆっくりと持ち上げます。(片手ずつ行います。)
  3. 手を変えて同じことを繰り返します。(左右30回ずつが目安です。)

 

トレーニングは継続させることを重視しましょう。

 

ダンベルの水量を少し重いくらいに調節して、ゆっくりと行うことで筋肉に負荷をかけます。

 

慣れてきたら水量を増やすより回数を増やしてみてくださいね。

 

そのほうが二の腕の引き締めにはおすすめです。

 

おすすめ関連ページ

>>>ダンベルやペットボトルを使った二の腕痩せエクササイズ6選+α