二の腕痩せするなら後ろバイバイ!効果を引き出すやり方とは

本当に効果アリ!?後ろバイバイで二の腕痩せした人の口コミ

口コミでの評価

 

実際に後ろバイバイに取り組んでみた人たちの口コミを集めてみました。

 

後ろバイバイで二の腕痩せ効果を実感した口コミ

 

まずは1ヶ月毎日やることを目標に、二の腕の後ろバイバイエクササイズに取り組みました。

 

途中で体調を崩してできなかった日もあったのですが、それ以外はいつもやりました。

 

いきなり数pダウン!なんてことはなかったのですが、毎日計測していると、-0.1〜-0.6cmぐらいずつ腕周りが細くなり、最終的には3p弱細くすることができました。

 

毎日計測すると、記録が具体的な数字で見えるので、モチベーション維持にもつながると思います。


 

 

二の腕痩せできるって親が教えてくれたので、去年の夏ぐらいからテレビや動画を見てるときに必ずやっています。

 

最初のうちは30回ぐらいしかできなかったけど、今では80回ぐらいできるようになりましたよ。

 

ぷるぷるしていた二の腕の肉がちゃんととれました。


 

効果を実感できなかった人の口コミ

 

1日にたった5分間やっただけで効果があると聞いたので、それならばと思い、5時間かけて1万回やってみましたが、逆に太くなりました。

 

一度に回数をこなしても、毎日こつこつ無理のない回数をやらないと逆効果なことがわかりました。


 

口コミからわかる効果が出る人、出ない人

後ろバイバイの効果が実感できたという人には、ある程度の期間継続して行っている傾向がありました。

 

効果がなかったという口コミの人は、1日のうちに1万回もやってみたという強者ですが、長い時間をかけたわりに効果はなく、逆に太くなったと言っています。

あさイチでも紹介!効果が出やすくなる後ろバイバイのやり方

後ろバイバイのコツ

 

後ろバイバイはあさイチでも紹介され、すっかり有名になりましたよね。

 

より高い二の腕痩せ効果を引き出すには、正しいやり方で行うのがコツ。

 

ここでは、効果の出やすくなる後ろバイバイのやり方をご紹介します。

 

後ろバイバイの基本のやり方

  1. 両手を後ろ側に引き寄せましょう。
  2. 掌が後ろを向き、指先が上に向くようにし、パーの手になるように広げます。
  3. そのまま手首を後ろ手でバイバイする感じでねじります。

 

※@〜B×10回を1セットとして、朝と晩に各3セット毎日行います。

 

押さえておきたい2つのコツ

腕は上げられる限界まで上げたほうがいい

試しに基本のやり方の@をやってみましょう。

 

両手はどの位置にありますか?

 

腰やお尻あたりにあるほうが楽かも知れませんが、肩甲骨が動いて両腕が地面と平行に近くなるぐらいの位置まで上げたほうが効果は高まります。

 

最初は痛くてなかなか上がらないかも知れませんが、現時点で上げられるところギリギリまで上げて、バイバイしてみましょう。

 

継続しているうちに徐々に高く上げることができるようになりますよ。

 

大きくバイバイする

限界まで腕を上げると、二の腕が痛くてプルプル震えてきます。

 

これだけでもしんどいのですが、そこはぐっとこらえ、手首も車のワイパーのように大きくバイバイします。

 

手首の動きが大きいほうが二の腕にかかる負荷も大きくなり、痩せ効果も早く実感できますよ。

後ろバイバイの回数・頻度・期間

後ろバイバイで効果が実感できる期間

 

後ろバイバイで二の腕痩せに効果を出すには具体的にどれくらいすればよいのでしょうか。

 

何回ぐらい、どの程度の頻度で、どのぐらいの期間行えばいいのかご紹介します。

 

二の腕がほどよく疲れてくる回数で

何回行えばいいのかわかりやすく説明するために、口コミをご紹介します。

 

 

朝と夜にそれぞれ30回ずつ行っています。

 

最初のうちは、たった30回でもキツくて続けられるかどうか心配になりました。

 

でも、二の腕に効いてる感じはしたので、伸ばすエクササイズも一緒に行いながら続けています。

 

1週間が経過しましたが、すこ〜し二の腕が締まってきたように思いますよ。


 

回数にきまりはないのですが、まったくしんどさを感じない程度だと効果はなかなか表れません。

 

1セットを10回として3セットを目安に行えば、二の腕がほどよく疲れてきます。

 

最低でもそのぐらいはやりたいものです。

 

できれば朝と夜にそれぞれ行うことができればいいですね。

 

口コミをもうひとつご紹介します。

 

 

私は後ろバイバイエクササイズを、1日2回、各1分間ずつ行っています。

 

30秒経過する頃には、二の腕の疲労感が半端ないです。


 

この方は、時間を決め、その間ひたすら後ろバイバイし続けるという方法をとっています。

 

具体的に設定するのは、回数でも時間でもどちらでも構いません。

 

大事なのは、二の腕に効いていると感じられる程度のエクササイズをちゃんと継続できること。

 

また、こんな方も。

 

 

道具要らずで体があればできるので、テレビを見ているときや休憩時間中にもやっています。

 

そうそう、旅行中でもOKです。

 

ダンベルを持っていくと荷物になっちゃうから、後ろバイバイを活用してます。


 

隙間時間を有効に使えば、エクササイズする機会をちょこちょこ得ることができますね。

 

後ろバイバイの頻度は週7で!

後ろバイバイってどのぐらいの頻度でやればいいのでしょう?

 

ガチな筋トレなら、隔日で週3程度を目安にやったほうがいい場合もありますよね。

 

でも、後ろバイバイは、1セット10回として3セットやっても数分で終わります。

 

毎日欠かさず少しずつ負荷をかけてやるほうが、痩せ効果が早く表れます。

 

効果があったという口コミを見てみると、毎日行ったという人が多数を占めています。

 

ながら運動でももちろんOKなので、頑張って継続しましょう。

 

2週間で引き締まっているのを感じられる

後ろバイバイエクササイズをどのぐらいの期間続ければ効果を実感できるか、気になりますよね。

 

個人差はありますが、見た目に変化が表れ始める目安は、早くて2週間ぐらいです。

 

口コミの中にも、「2週間経った頃、脇の下あたりのぷよぷよした肉の垂れがなくなっていたことに気づいた」と言っているものがありました。

 

もちろん、もっと細くしようと思ったら、さらに続けることが大事です。

 

実際に後ろバイバイで−3pの二の腕痩せに成功した人の中には、1ヶ月以上継続した人もいましたよ。

 

どうしても続けられるか不安な人は、まずは1週間の継続を目指してみましょう。

 

口コミの中には、

 

 

7日目で、少しムチムチになってきた


 

 

1週間続けてみたところ、ブルブルしたいかにも振袖といった感じが少しなくなってきている


 

など、始めてから1週間程度で少し効果を感じているものもあります。

 

1週間では見た目が劇的に変わることはさすがにありませんが、最初よりも心なしか締まってきているのがわかっただけでもモチベーションが上がりますよね。

 

自信につながり、もう1週間頑張るぞ!と前向きな気持ちになれるのではないでしょうか。

 

ただ、後ろバイバイだけを長い期間続けていると飽きてしまってモチベーションが落ちてしまうこともあります。

 

そんな時は軽く有酸素運動(ウォーキングやランニング)も取り入れながらやると気分転換にもなって続けやすくなりますよ。

 

有酸素運動も取り入れながら後ろバイバイすると二の腕痩せしやすくなるので、良ければこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

 

おすすめ関連ページ

>>>二の腕の脂肪を燃焼させるためには有酸素運動+筋トレが効果的

 

>>>ウォーキング・ランニングで二の腕痩せするためのコツ

まとめ:継続は力なり!後ろバイバイで二の腕美人に

身体があればいつでもどこでもやりやすい後ろバイバイ。

 

1日当たりのエクササイズ時間は少なくても、継続すれば二の腕痩せの効果は徐々に表れます。

 

腕周りを測って記録を付けながら行うと、モチベーションを維持したまま続けやすくなりますよ。

 

※ただし、中には後ろバイバイ(二の腕ねじり)エクササイズで逆に腕が太くなってしまう方もいます。

 

後ろバイバイが向いている方、向いていない方がいるので、ご自身に向いているかどうかはこちらを参考にしてみてくださいね。

 

おすすめ関連ページ

>>>後ろバイバイ(二の腕ねじり)エクササイズで太くなった!向かないタイプとは?

 

 

正しく後ろバイバイエクササイズを理解して、ノースリーブの似合う二の腕美人になっちゃいましょう。