たるみ&筋肉質、二の腕太りは2種類あるって知っていますか?

二の腕をつまんで驚いている女性

太くなった二の腕を見て、細くしたいと日々筋トレ等に励んでいる方は多くいますが、太くなった原因を把握している方は少ないのではないでしょうか。

二の腕の太さの原因にも種類があるので、それにあった対処法でないとかえって逆効果になるかもしれませんよ。

今回は二の腕の太さの種類や見分け方などをご紹介いたします!

目次を見る
  1. 二の腕の太さ、2種類の原因とは?
  2. 皮膚のたるみにも気をつける、二の腕痩せ解消法とは?
  3. カッチリから脱却、二の腕の筋肉太りを落とす方法とは?
  4. 筋肉太り解消マッサージ
※2018年5月6日更新

原因をチェック

 

二の腕の太さの原因は、わかりやすく言うと、『脂肪によるたるみ』と『筋肉質』です。

 

原因その1.脂肪によるたるみの場合

 

腕を水平に伸ばした時、振袖の様にたぷっとたるむ肉、そのたるみ部分が上腕三頭筋です。

 

この筋肉は、ひじを後ろに引く、ものを押さえつける、腕を頭上に上げるときなどに使いますが、日常ではあまりしない動作のため、衰えたるみやすく、タプタプ二の腕になりやすいのです。

 

 

原因その2.筋肉質の場合

 

腕に力を入れて曲げると力こぶができる、その部分が上腕二頭筋です。

 

子育て中のママが始終赤ちゃんを抱っこしているなど、重い荷物を絶えず持っていると上腕二頭筋が鍛えられ、カッチリ二の腕になりやすいのです。

 

特に若い頃部活で汗を流す日々を送っていた方は、筋肉がつきやすくい筋肉質になっているようです。

 

ダンベルを手前に曲げる筋トレで鍛えられるのはこの上腕二頭筋。

 

脂肪が原因の場合、鍛えてもタプタプ二の腕はそのままにカッチリ二の腕になるという残念な結果になる可能性もありますので注意しましょう。

健康ダンベル

 

ダイエットスムージーなど、最近のダイエット食品は短期間で効果を発揮するものが多く出回っています。

 

「2週間で痩せた。」「1ヶ月で5キロ減!」など喜びの声が多い中、「二の腕がたるんでいる。」「二の腕の皮膚がダルダルになった。」、といった声も聞かれます。

 

こういった声は、極端な食事制限ダイエットを行った後によく聞かれ、元に戻りにくいことなので悩みになっているようです。

 

ここでは、このようなダイエット後に起こる二の腕の皮膚のたるみの解消法と合わせて、効果的な二の腕痩せについて紹介したいと思います。

 

痩せたのに皮膚がたるむ?その原因は?

 

せっかくダイエットに成功して痩せても皮膚にたるみが出るなんて悲しいですよね。

 

原因は急激に体重が落ち痩せたことで、脂肪が減るスピードに皮膚の収縮が追いつかなくなったためです。

 

特に新陳代謝のスピードは年齢が進むにつれて遅くなっていくので、年配の女性がが急激に痩せたりすると、皮膚のたるみが出やすく戻るのにも時間がかかります。

 

これは二の腕に限らず、急に脂肪が減った部分にも起こります。

 

 

皮のたるみの解消法は?

 

皮膚は一定の周期で再生を繰り返しているので何もしなくても解消します。但し、皮膚の一番下の層の再生は5年ほどかかると言われています。

 

つまり5年ほどリバウンドせず体型維持すればいいのですが、5年は期間が長すぎますし、体型維持も難しいですよね。

 

手っ取り早い方法としては、美容整形外科でたるんだ皮膚を切除する方法がありますが、手術など大げさにはしたくない人が多いです。

 

エステサロンで痩せながらケアしてもらう方法はベストではありますが、何もしなくていい分お金がかかります。

 

そこでおすすめなのが、皮膚の再生ため代謝をUPさせることを積極的に行う解消法です。

 

継続的な運動や筋トレで落ちてしまった筋肉をつけること(筋肉をつけることで、代謝はUPします)。

 

コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなど皮膚の再生を助ける成分を積極的に摂ること。

 

血行を良くするため、リンパマッサージなどを行うのもいいでしょう。

 

 

筋トレしてもたるむ?はなぜ?

 

二の腕のたるみに悩んでいる女性には「適度な運動ならしているのに…。」という人もいます。

 

それは運動の効果がないわけではなく、二の腕のたるみには効かない運動だからです。

 

タプタプ二の腕の原因は上腕三頭筋の筋肉の衰えでもあります。この筋肉はひじを後ろに引いたり、ものを押さえつけたり、腕を上げるときなどに使います。

 

日常や普通の運動でもあまり使わない筋肉なので、上腕三頭筋に効く運動でないと二の腕のたるみ解消にはならないのです。

 

 

おすすめなのはダンベル上げ下ろし運動

 

やり方は簡単。少し軽いかな?というくらいのダンベルを上に向かって上げ下ろしするだけです。

 

上腕三頭筋を鍛えることが目的なので上に上げることが大切です。(手前に曲げると上腕二頭筋が鍛えられてしまいます。)

 

素早くするよりゆっくり行うのが効果的です。ダンベルがないという人には、代わりに500mlのペットボトルでも代用できますよ。

 

慣れてきたらまず回数を増やしていき、それからダンベルの重さを重くしていきましょう。

 

子育て中のママさんなら、赤ちゃんを高い高いしても同じ効果が得られます。子どももあやせて一石二鳥ですね。(あくまでゆっくり行ってください。)

 

ダンベル運動前にラジオ体操などで身体をほぐして代謝のいい状態にしておくと、効果もさらにUPします。

 

おすすめ関連ページ

ダンベル&ペットボトルで行う二の腕ダイエット特集>>>

 

主婦の方におすすめの家事をしながら二の腕引き締め術>>>

ハンドマッサージ

 

二の腕で悩んでいる人の中には、「私の腕はたるんではいないけど太い。」という人がいます。

 

二の腕を触ってみると結構カッチリしている、といった人たちです。後で説明しますがこの場合、ぷよぷよのたるみ二の腕と同じ解消法をしても二の腕痩せにはなりません。

 

筋肉太りにもそれに最適な解消法で対処する必要があります。

 

カッチリ二の腕、その原因は?

 

その1.筋肉への負荷のかけ過ぎ

たるんだ二の腕が上腕三頭筋の衰えなら、カッチリ二の腕は上腕二頭筋を鍛えた結果と言えます。

 

上腕二頭筋は日常重い荷物を絶えず持っているなどすると鍛えられる筋肉です。

 

鍛えるつもりはなくても始終赤ちゃんを抱っこしていて筋肉に負荷をかけ過ぎた結果、カッチリ二の腕になってしまった子育て中のママもいるのです。

 

その2.速筋ばかりを鍛えている

筋肉には「遅筋」と「速筋」の2種類があります。遅筋はジョギングといった有酸素運動をすることでよく使われ太くなりにくい筋肉と言われています。

 

マラソン選手などは遅筋が鍛えられているため、二の腕だけでなく全身がほっそりしていますよね。

 

反対に速筋は、筋トレといった無酸素運動でよく使われ太くなりやすい筋肉なんです。

 

良かれと思ってしている運動が、かえって筋肉太りを招いているという場合があります。

 

 

筋肉太りを解消するには?

 

筋肉太りを解消するには余計な筋肉を落とす必要があります。

 

筋肉は使わなければ衰えるので、落とすだけなら何もしなければいいのですが、自分の理想の二の腕になるとは限らないし、時間もかかります。

 

そこでおすすめしたいのがマッサージです。

 

なぜかと言うと、硬い二の腕というのは「引き締まっている」と誤解されがちなのですが、実は筋肉が緊張している状態なのです。

 

なので、まずはその緊張状態をほぐしてあげることから始めましょう。

 

筋肉太り解消のためのマッサージをご紹介します。

 

  1. 腕をほぐす
  2. ひじから脇に向かってグッと肉をつまむようにほぐしていきます。指先だけでつままず、親指と人差し指の間で腕を挟んで押し当てるようにほぐしましょう。

     

  3. 腕全体を流す
  4. 手首から肩に、手首から脇に向かって流します。このときも親指と人差し指の間で押し当てるようにします。

     

  5. 脇をほぐす
  6. 腕を伸ばして脇の下を反対の手の親指でグリグリしながらほぐします。痛いほど力を入れる必要はなく、気持ちいい程度でOKです。

     

  7. 腕を絞り上げる
  8. 手首から脇に向かって腕を絞り上げるようにします。絞られる側の腕は内側に、絞る手は外側に回します。これはちょっと痛いぐらいがちょうどいいです。

     

  9. 2と3をもう一度繰り返します。

 

マッサージはいつ行えば良いの?

マッサージは身体が温まって代謝が上がっている入浴中が特におすすめなのですが、もちろん入浴中でなくても行えます。

 

その際は、マッサージクリームやジェルといったもので肌の滑りを良くすることで、スムーズに行えます。

 

おすすめ関連ページ

【動画付き】リンパマッサージで老廃物を流す二の腕痩せ方法>>>

 

マッサージやツボ押しでリンパの流れを良くする二の腕やせの方法>>>

 

衝撃の事実!実は脂肪だった!?

学生時代に汗を流して部活を頑張っていたからと言って、その筋肉が今もなお二の腕に残っているのかと言うと、まずあり得ません。

 

今まで筋肉だと思っていたものも、実は脂肪の可能性があります。

 

鍛えた筋肉が落ちて脂肪に変わるとき、脂肪は筋肉の下につきやすいのです。

 

 

また、むくみの可能性もあります。

 

デスクワークなどで長時間筋肉を使っていない場合、リンパの流れが滞り老廃物が溜まってむくみが発生しやすいのです。

 

毎日筋肉を使っているという人なら筋肉太りの可能性もありますが、そうでないなら筋肉と脂肪もしくは筋肉とむくみで太くなっているということになります。

 

その場合でも、先に紹介したマッサージは効果的なので、カッチリ二の腕の人はぜひ試してみてくださいね。