3D Shaper(3D spot)で二の腕痩せできる?効果、口コミ、使い方を徹底調査!

3D Shaperとは?ライザップ発のEMSシリーズの名前

3D Shaperの二の腕への効果の前に、まず最初に誤解を招かないように「3D Shaperシリーズ」について簡単に説明しますね。

 

実は「3D Shaper」という名前のアイテムはそもそもありません。

 

「3D Shaper」とはライザップ発のEMSシリーズの名前。

 

よく目にする3D Shaperは腹筋用のEMSのイメージですが、あれには「3D Core」という名前が付いています。

 

そして二の腕にも付けることができるEMSとして、「3D Spot」というのがあります。

 

各アイテムの役割ををまとめるとこんな感じです。

 

  • 3D Core:腹筋用
  • 3D Spot:二の腕や太もも、ふくらはぎ、くびれ用

 

3D spotは二の腕以外にも体の色んな場所に使えることがわかりますね。

 

この2つと専用ジェルパッドなどの備品をまとめて、「3D Shaperシリーズ」と呼ばれています。

 

二の腕や太もも専用のアイテム名は3D Spotですが、「3D Shaper」としてお探しの方も多くいるので、この記事では一部を除いて3D Shaper(3D Spot)と表記しながらご紹介しますね。

3D Shaper(3D spot)は二の腕にも効果あり?

一番気になる3D Shaper(3D spot)の二の腕痩せ効果の有無についておまとめしました。

 

二の腕痩せにピッタリな3D Spot

二の腕痩せができる3D Spotは3D Shaperシリーズの新製品です。

 

3D Spotはコンパクトなデザインで、二の腕や太ももなどの部分痩せにピッタリなアイテム。

 

コンパクトでも、腹筋を鍛えてくれる3D Coreと同程度の働きをしてくれます。

 

ポイントは、予測不能なポリリズム

3D Shaperの最大の特徴は、刺激のリズム。

 

人体が予測できないポリリズムで刺激を与えるため、身体が慣れにくくより高い負荷をかけることができます。

 

さらに嬉しいのが、モード機能。

 

3D Shaperには、中級者向け・上級者向け・初級〜上級者向けの3つのモードが搭載されています。

 

二の腕痩せにも使える3D Spotには、初級者向けと上級者向けの2つのモードが搭載されています。

 

3D Spotのモードはこちら。

 

Standardモード

初級者向けのモードです。

 

小休止の2秒を含め、おだやかな刺激を15分間与えるというモード。

 

EMSの刺激が苦手、もしくは初めて使うという人は、このモードから始めるのがおすすめです。

 

Randomモード

上級者向けのモードです。

 

小休止2秒×3回を含み、ランダムな刺激を15分間与えるというモード。

 

刺激のプログラムが毎回変わるため、何度使っても筋肉を効果的に鍛えることができます。

 

慣れてきたら、こちらのモードを選んで効率UPをはかるのがおすすめ。

 

医療現場でも使用されているジェルパッドで安心

二の腕は、皮膚が薄くデリケートな部位。

 

使用するジェルパッドによっては、かゆみや赤みが出ることがあります。

 

その点、3D Shaper(3D spot)なら安心。

 

医療現場でも使われている日本製のジェルパッドを採用しているので、肌トラブルのリスクもほぼありません。

 

さらに、ポリリズムの刺激を筋肉の奥まで届けてくれるイオン伝導性もあるというのも嬉しいポイントです。

本当に3D Shaper(3D spot)で二の腕痩せできる?口コミ大調査

商品の性能だけ見れば、確かに痩せられそうな3D Shaper(3D spot)。

 

でも、本当に効果があるのかは気になるところ。

 

そこで、実際に3D Shaperを使ったという人の口コミを調べてみました。

 

 

ライザップに通いたいけどあまりお金はかけられない…。

 

ということで、こちらの3D Shaperシリーズを購入しました。

 

かなり刺激が強く、一番弱いモードからスタートしました。

 

つけた翌日にはすぐ筋肉痛を感じ、効果が実感できると思います!


 

 

家事をしながらつけています。

 

薄いので、洋服を着ているとつけているのがわかりません。

 

主人や子供に知られたくなかったので、これは嬉しかったですね。

 

つけるだけで勝手に筋肉がピクピク動くのがわかります。

 

見た目の変化はまだありませんが、筋肉痛などは感じています。


 

 

シックスパッドと迷ってこちらを購入。

 

ライザップが作っていると知ったのが決め手でしたね。

 

少しずつ筋肉がついているのがわかるので、毎日使うのが楽しみになっています。

 

ダイエットにつきものの苦しさや辛さがないのが嬉しいですね。


 

使ってすぐ効果を実感するとの口コミ多数

実際に3D Shaperを使っているという人の口コミには、『使った翌日にすぐ筋肉痛になった』『少しずつ筋肉がついているのがわかる』といったものが多く見られました。

 

中々効果が出ないと言われるEMSが多い中、この短期間で効果が実感できている人が多いのは注目したい点ですね。

 

部分痩せができる3D Spotはまだ発売されて間もないために口コミが見つけられませんでした。

 

ですが、3D Shaperの部分痩せバージョンであるということを考えると、二の腕痩せなどの部分痩せにも同じような高い効果が期待できると思われます。

3D Shaperとシックスパッドは結局どっちが優秀なの?

高い人気を誇るEMS、3D Shaperとシックスパッド。

 

正直、大きな違いはないように感じます…。

 

先ほどご紹介した口コミにも、この2つで迷ったというものがありましたよね。

 

そこで、3D Shaperとシックスパッドの違いを調べて比較してみました。

 

腕オンリーorどこでもOK

3D Shaperとシックスパッドのどちらにも、二の腕痩せができるアイテムがあります。

 

3D Shaperの二の腕痩せアイテムである3D Spotは、二の腕の他にも太ももやふくらはぎなどの様々なところに使うことができます。

 

貼り付けるタイプなので、部位を問わずに使えるんですね。

 

一方、シックスパッドの二の腕痩せアイテムであるArm Beltは、ベルトで止めて腕を包み込むタイプなので、二の腕以外に使うことができません。

 

ただ、アプリと連動してトレーニング内容などのデータを記録することができます。

 

どうせなら色々なところに使いたいという人には3D Shaperが、とにかく二の腕を鍛えたいという人にはシックスパッドがおすすめだと言えますね。

 

出力周波数の違い

EMSの効果の高さは、出力周波数と大きく関係しています。

 

周波数が高いほど刺激が強く、周波数が低いほど刺激が弱いと思ってください。

 

3D Shaperの出力周波数は、2〜100Hz。

 

出力周波数に幅を持たせることで、ランダムな刺激が与えられるようになっています。

 

対するシックスパッドの出力周波数は、20Hz。

 

筋肉が疲労せずに鍛えられる周波数が20Hzであるという研究結果から、この出力周波数が採用されています。

 

このことから、ランダムな刺激で二の腕を引き締めたいという人には3D Shaperが、上腕二頭筋や上腕三頭筋などを効率的に鍛え上げたいという人にはシックスパッドが向いていると言えますね。

 

女性の二の腕痩せには3D Shaper(3D spot)がおすすめ

使える部位の幅や出力周波数などの違いから言えることは、二の腕痩せを目指す女性には3D Shaper(3D spot)がおすすめだということです。

 

シックスパッドは、二の腕の筋肉を鍛えることに向いているEMSです。

 

クリスティアーノ・ロナウドが愛用していることからもわかるように、『筋肉を鍛える』ことに特化したEMSなんです。

 

一方の3D Shaper(3D spot)は、筋肉を鍛えつつ脂肪を減らして引き締める効果が高いEMSです。

 

いくら二の腕痩せをしたいからと言って、腕の筋肉を鍛えてムキムキになりたいわけではありませんよね。

 

そのため、綺麗に二の腕を引き締めたいという女性には3D Shaper(3D spot)がおすすめなんです。

二の腕痩せに効果的な使い方

次に、3D Shaper(3D spot)でより高い効果を得るための使い方をご紹介しますね。

 

二の腕以外に他の部位も合わせて使う

3D Shaper(3D spot)をはじめとするEMSで部分痩せをする際におすすめしたいのが、こちらの『他の部位も合わせて使う』というもの。

 

ダイエット効果をより高めるために必要なのが、体全体の代謝のUP。

 

代謝を上げることで、より痩せやすい体を作ることができます。

 

二の腕痩せの場合、二の腕以外にも太ももやお腹などにもEMSで刺激を与えることが代謝のUPにつながります。

 

そのため、他の部位も合わせて使うのがおすすめなんです。

 

有酸素運動と並行して使う

3D Shaper(3D spot)などのEMSには、筋肉をつけて脂肪がつきにくくするという効果があります。

 

一方、有酸素運動には、すでについた脂肪を燃やすという効果があります。

 

二の腕痩せをする場合、脂肪を落としつつ筋肉をつける必要があります。

 

そのため、ジョギングや水泳などの有酸素運動などを並行しておこなうことでより早く理想の二の腕を手に入れることができるんです。

 

時間がない人はストレッチ程度でも良いので、+αの運動をするようにしましょう。

楽天、amazonなど販売価格まとめ

3D Shaper(3D spot)の購入を考えている人はどこで買えば良いのか迷いますよね。

 

そこで、次は大手ネット通販サイトなどの3D Shaper販売価格をまとめました。

 

楽天市場の3D Shaperの販売状況

楽天市場では、現在二の腕痩せができる3D Spotを含むベーシックセットが1点販売されています。

 

RIZAPの楽天市場店が販売しているので、発送トラブルなどの心配はありません。

 

販売価格は52,388円(税込)。

 

送料は無料です。

 

セット内容は

  • 3D Core×1
  • 3D Spot×2
  • 取扱説明書
  • 専用ジェルパット
  • サポートベルト
  • 保管用プレート
  • スライダーケース

です。

 

amazonの3D Shaperの販売状況

amazonでは、3D Spotが単品でのみ販売されています。

 

こちらも、ライザップが直接販売しています。

 

販売価格は、21,834円。

 

通常配送は無料です。

 

公式サイトの3D Shaperの販売状況

公式サイトでは、単品を含む3つの購入方法で3D Spotを手に入れることができます。

 

ベーシックセット

セット内容:楽天市場と同じ
販売価格:48,600円(税別)
送料:無料

 

3D Spot2セット

販売価格:36,300円(税別)
送料:無料

 

3D Spot1セット

販売価格:19,800円(税別)
送料:無料

 

単品購入からベーシックセットまで、お好きなセットを選べるというのが嬉しいですね。

 

両腕同時に使いたい方、二の腕や太もも一緒に使いたい方にとっては3D Spot2セットがお得になっています。

 

さらに、公式サイトからの購入なら専用ジェルパッドも合わせて購入することができます。

 

価格だけ見ると他の通販サイトと大差はありませんが、選択肢の幅が広い点と他のライザップ商品と合わせて購入できる点などから公式サイトで購入するのがおすすめですね。

 

まとめ:二の腕痩せにもぴったりな3D Shaper(3D spot)

今回は、ライザップから販売されている3D Shaper(3D spot)の二の腕痩せ効果を中心にご紹介してきました。

 

簡単にまとめると、『ランダム性の高いポリリズムの刺激が二の腕痩せに効果アリ!』といったところでしょうか。

 

『結果にコミットする』という信念のもとで徹底的に研究して作られたアイテムだからこそ、より効果的に筋肉に働きかけることができるんですね。

 

実際に使ったという人の口コミからも、その効果の高さがわかります。

 

この3D Shaper(3D spot)に有酸素運動などを合わせ、効率良く二の腕痩せをしちゃいましょう!