水泳は二の腕痩せにもぴったりな有酸素運動なんです。

水泳

 

痩せる、とひと言でいうと思い浮かぶのが、ウォーキングなどの有酸素運動ですよね。酸素を取り込みながら行う有酸素運動は、瞬発力の筋肉をつけるのが目的の無酸素運動と違って、脂肪を消費するのに最適です。20分以上続けることで、エネルギー源として身体にたくわえられている体脂肪を燃やし始めます。

 

 

特に有酸素運動の中でも水泳は水の抵抗があるため、思ったより多くのカロリーを消費することができます。しかもいったんプールに入れば、ジョギングなどと違って20分以上泳ぐこともそんなに辛くはないはず。それに実は水泳って、二の腕痩せにピッタリな有酸素運動なんですよ。

 

 

クロールも平泳ぎもしっかり腕を使いますよね。基本的に足を使うウォーキングやジョギングと違って、泳ぐのには腕の力がかなり必要です。そして水の抵抗の中で腕を動かすという上半身の動きは、二の腕(上腕三頭筋)にかなり効果的なんです。

 

 

プールに入ったときのイメージを浮かべていただければ分かると思いますが、水の中では手足を思うように動かせません。水の抵抗が上腕三頭筋を鍛える絶好の負荷になってくれる、というわけなんですね。有酸素運動で脂肪を燃やしながら、上腕三頭筋を鍛えることもできるので、水泳は二の腕のたるみ解消にピッタリな方法と言えるでしょう。

 

おすすめ関連ページ

「ただ飲むだけ」はもうおしまい!有酸素運動のサポートサプリに選びたい ファイブデイズプレミアムダイエットを使った短期間脂肪燃焼術>>>

 

 

効果的なプールでの二の腕トレーニング方法をご紹介。

 

クロールや平泳ぎでしっかり上腕三頭筋を使って泳ぐことが、二の腕痩せにはとっても効果的。でも、泳げないという方や水泳は苦手という方だっていらっしゃると思います。そんな方でも効果的にプールで二の腕トレーニングができる方法をご紹介しますね。

 

 

プールの中は水圧がありますから、水の抵抗で動きづらいですよね。水の抵抗は空気中の約10倍もあるのだそうです。空気中で動くよりもずっと多くのエネルギーが必要になるというわけなんです。ということは、ただ歩くだけでも、腕で水をかくだけでも、とても効果的だということがわかりますよね。水の抵抗を利用したウォーキングに腕の動きをプラスして、すっきり引き締まった二の腕を手に入れましょう!

 

チェック
腕をふって水中ウォーキング

 

 

動くときのポイントは、しっかり二の腕に効かせるつもりで大きく水をかくこと。
水の抵抗を手のひらにしっかり感じながら腕を動かしましょう。
中でも水を「押す」という動きがありますが、これが上腕三頭筋にしっかりアプローチしてくれます。
呼吸を止めずに意識して行うようにすることもポイントです。
肩甲骨もしっかりと動かす動きが多いので、肩こりにも効果的ですよ。

 

水泳も水中ウォーキングも、続けることで脂肪燃焼されやすくなります。ジムやプールのある施設は通いやすい場所を選ぶようにしましょう。

 

おすすめ関連ページ

ダイエットにとって必須の脂肪燃焼!ほっそり二の腕にするための燃焼術とは?>>>

 

キツイ運動でも諦めない!ダイエットのモチベーションをたもつ6つのコツ>>>