ダイエットにとって必須!脂肪燃焼!ほっそり二の腕にするための燃焼術とは?

汗をかいた女性

二の腕やせはじめダイエットの成功には付いてしまった脂肪を落とすことが欠かせません。脂肪を落とすということは脂肪を燃焼させることが不可欠です。

 

運動をしたり食事制限をすると蓄えられていた体脂肪がエネルギー源として使われれるようになり、脂肪が落ちる、もとい、燃焼されることになります。つまりダイエットの成功に欠かせないのは

  • 運動
  • 食事制限

という2点になります。

 

特に運動はダイエットに有効です。食事制限の場合筋肉が落ちて脂肪を燃焼させたり熱を生み出す能力(代謝)が低下してしまい、体温が下がったり免疫力が落ち体調を崩すリスクが高まります。何よりリバウンドしやすくなるので注意が必要です。

 

ですが運動の場合、筋肉運動で体脂肪をエネルギーとして使うため、筋肉を維持、もしくはアップさせながら脂肪を燃焼させることができます。さらに運動を続けていけば筋肉の量や質も高まり効率よく脂肪が消費されていきますし、筋肉が増えたところには脂肪がつきにくくなります。

 

これは筋肉が大きくなったり、質が高まっていくと、エネルギーの消費量が多くなるのでちょっとの運動でもすぐに脂肪がエネルギーに変換されてしまうためなんですね。運動で脂肪を落とすのは実は良いことずくめなんです。

 

最初は筋トレではなくまずはウォーキングやランニング、水泳といった有酸素運動をされることがおすすめです。

 

ランニングなどの有酸素運動は体全体を動かすので全身の筋肉が鍛えられてシェイプアップにもおすすめ。代謝も上がりやすくなります。

 

筋トレは代謝能力が高まっている状態=脂肪を燃焼しやすくなっている状態で行った方が効果が出ます。筋トレを取り入れるならこういった全身を使った有酸素運動後に行うのが効率が良いです。

 

と、ここまで脂肪燃焼のために有酸素運動がおすすめであることをお伝えしましたが二の腕の脂肪を燃焼させるのは結構大変です。

 

ダイエットをしたけど二の腕だけはどうしても落ちきらなかった、なんてご経験もあるかもしれません。実は二の腕は体の部位の中でもダイエットが最も難しい箇所なんです。

 

おすすめ関連ページ

二の腕を細くするには腸内環境が関わっていた!?ダイエットして二の腕ほっそりの人と太いままの人の2つの違い>>>

 

 

二の腕の脂肪燃焼効果はどれくらいの期間で出てくるのか?

電卓とレポート

 

脂肪1kg燃焼するのに約7000kcal必要であると言われています。ランニングを1時間したとして一般成人女性が消費できるのは500kcalほど。個人差はありますが一回のランニングで燃焼できる脂肪はだいたい70gほどとなります。

 

基礎代謝量や毎日の運動量にもよりますが一般的にダイエット効果が出てくるのは早くて1ヶ月ほどです。通常は3ヶ月続けて目に見えてハッキリわかる変化がある、と言われますし、運動を続けていけば筋肉も増えてその分脂肪も燃焼されやすくなるのでもっと早く変化が出てくることももちろん考えられます。

 

その上で二の腕に脂肪燃焼効果がハッキリ現れて細くなった、という実感が得られるのはどれくらいかと言うとやはり3ヶ月ほどでしょう。

 

もっと早く効果が欲しいということであれば二の腕に限ってはランニングのような全身運動プラスαで筋トレを取り入れる必要があります。

 

二の腕と呼ばれる上腕三頭筋は普段の日常生活からあまり動かさないので筋肉も発達している方が少ない箇所です。その分脂肪燃焼効果も他の部位とくらべて表れにくいです。

 

筋トレだけ続けたら細くなるのでは?とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、先ほどお伝えしたように筋トレは代謝が上がった状態、ランニングやウォーキングなどの全身運動をした後に行うのが効率的。最初から筋トレだけしても期待したほど効果が表れないことはよくあります。

 

確実に二の腕の脂肪を落とすなら燃焼を促す有酸素運動+筋トレがおすすめ。ですがある程度の期間は必要です。脂肪燃焼サポートグッズもあるのでそういったアイテムも取り入れたりながら効率よく二の腕やせをしていきたいですね。

 

おすすめ関連ページ

効率的に二の腕やせを行うためのグッズ>>>

 

ウォーキング・ランニングで二の腕痩せするのに必要な期間とは?>>>